記事一覧

焼酎雑学

ハリウッド映画 腕時計はアルコール発酵したもろみを、清酒のように圧搾せず、
ウィスキーやブランデーのように蒸留して作られたものです。

●焼酎の語源
日本では18世紀頃から焼酎という表現が定着したようです。それまで”焼酒”と今の焼酎の両方が混用されていたのは、中国では熱を加えるという意味で”焼”の文字を使い蒸留酒を「焼酒(シャオジュウ)」と呼んでいた名残とも言われています。
焼酎の「焼」という文字は、モロミを加熱、沸騰させてつくるという蒸留酒の基本的な作業で、「酎」は濃い酒という意味。
何をきっかけに”焼酒”が”バレンシアガ 財布コピー”になったのかは不明ですが、一説では中華音で”酒”はチュウと発音されているところから、日本では字義と音訓を混同して使われるようになり”焼酎”になったのではないかとも言われています。

●焼酎の単位
日本では焼酎に限らず、液体や穀物類の体積を量る場合「石」という単位を用いることが、今でも普通に行われています。
明治時代に一石は約180リットルと定められ、以下のようになっています。

1石=10斗=100升=1000合=180リットル  ※1合は180ミリリットル

以上、焼酎雑学でした。

本格焼酎ブーム

今日は本格バレンシアガ コート スーパーコピーブームについて

日本では、2003年頃から焼酎乙類を対象とする「本格焼酎ブーム」が起き、同年には焼酎類全体の出荷量が日本酒の出荷量を約50年ぶりに上回り、2004年には売上高もピークを迎えた。ブームに伴って、本格焼酎を専門に扱う焼酎バーも登場している。

ブームの影響によって、材料や製法にこだわった焼酎も盛んに市場へと送り出されていた。鹿児島で本格焼酎は1500円前後の商品が消費の中心であるが、より美味しい焼酎を望むニーズと、作り手のこだわりによって高価格で本格志向である味の焼酎も登場した。しかし、少なからぬ弊害も生じた。ブームのピーク時には芋焼酎の原料となるサツマイモが市場に不足する深刻な問題が起きたほか、一部銘柄ではプレミアがつき、一本数万円などという値段が付けられるようになり、森伊蔵については偽物が出回る事件にまで発展した。

本格焼酎需要急上昇に伴い、各地で焼酎の生産設備拡充や休止酒造場の再開、新規参入などが図られた。しかし2006年初頭からブームは沈静化しつつあり、例えば帝国データバンク福岡支店は2006年の売上が2年連続で下落したことから焼酎ブームは去ったと分析し、ブームの反動・縮小による焼酎業界への悪影響を懸念しており、日本銀行鹿児島支店が2008年2月に公表した、今回の焼酎ブームについてまとめたリポートでは「今回のブームは終焉した」と指摘、「銘柄選別の時代に入った」と結論付けた。という状況であったが一方で麦などから芋などへの素材に対する嗜好の広がりが起こったことにより、帝国データバンク福岡支店によると、焼酎メーカー上位50社の2008年1~12月の売上高合計は前年比3.8%増の3471億9500万円で、ピークの2004年を上回り、「過去最高」を記録するなどブームの底堅さも見せている

百年の孤独

本日はプレミアジバンシー 財布コピーのご紹介

百年の孤独

●特徴
色は薄い琥珀色で香りも焼酎というよりもウイスキーなど洋酒に近く、味わいは強いアルコールの中にも甘みが感じられ麦の香ばしさが広がる。風味を楽しむためストレートやロックで飲まれることが多い。名前の由来はガブリエル・ガルシア=マルケスの同名の小説『百年の孤独』からつけられている。 店頭販売については特約店のみでの取り扱いである。ただし、生産本数が少ない事と人気がある為に店頭で無条件で手に入る事は稀で、高島屋などの百貨店では抽選販売で取り扱われている事が殆どである。

●エピソード
高鍋町出身の今井美樹が「笑っていいとも!のテレフォンショッキング」にて、『皇太子様がこれで媒酌してる』と紹介し一躍全国に有名になったそうだ。

やはりテレビの効果は非常に高いですね。
相当貴重な焼酎だそうでもしかすると生きている間に飲めるか
どうかわかりませんね。
飲んだことがある方がいればぜひ感想をお聞かせ願いたいです。

世界の焼酎:ヨーロッパ「アクアビット」

本日はちょっと飛んでヨーロッパ方面のシャネル コート コピーを。

アクアビットはジャガイモを主原料とした蒸留酒で、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・ドイツで製造されています。
アクアビットは15世紀の『ストックホルム市財政報告書』にて記述が残っており、これが最古の記録であるといわれています。当時はヨーロッパ大陸から輸入したワインを蒸留して製造していたとあり、現代で一般にブランデーとよばれるものであったのではないかと考えられているようです。その後、16世紀末に穀物が使われるようになり、18世紀には新大陸産のジャガイモが主な原料となって、現代と同様のアクアビットが生産されるようになりました。

製造方法は、ジャガイモを酵素や麦芽で糖化した後に発酵させ蒸留、これにキャラウェイ、フェンネル、アニスなどの香草で風味を付け、さらに蒸留するようになります。多くは樽熟成をさせずに製品化されるのですが、ノルウェーの「リニエ(Linie)」など、まれに樽熟成させる銘柄もあるようです。

アクアビットの語源は、ラテン語のAquavitaeであり、「生命の水」という意味があります。ウイスキーやウォッカも語源となった意味は同じで、お酒を生命の源、心気長養の妙薬とする考えは世界共通のようですね。


余談ですが、「ドイツといえばビール」という印象が強くて、アクアビットのような蒸留酒がドイツで製造されているのだな、となかなか勉強になりました。

焼酎の効能

実は健康にいい効果をもたらすことが判明しているモスキーノパーカー スーパーコピー
以前にもテレビなどで取り上げられていたようですが、皆さんはご存知でしょうか。

焼酎に含まれている酵素(ウロキナーゼ)があります。これを含んだ香りを5分嗅ぐだけで血液がサラサラになるという実験結果が出ています。
これにより、次のような効果が期待されています。

脳血栓や動脈硬化の予防
血栓といえば、生活習慣病の一つによくあげられるものです。血流が悪化し、その先の細胞に栄養が届かなくなり、細胞自体が死んでしまう現象で、血栓症や動脈硬化などはこれが原因で起きるのです。
本来は体内で血栓を溶かすメカニズムもあるのですが、ストレスや恐怖心から自分を守ろうとする防衛本能から血液が固まりやすくなるのだとか。そのため分解のペースが追い付かず、詰まりやすくなってしまいます。
これを改善するのが焼酎になるわけですね。
また本格焼酎を飲む人は、そうでない人の2倍の酵素を体内に持っていることが判明しているようです。それだけより多くの血液をサラサラにできるわけですね。

認知症の予防
血栓が伴う認知症の初期段階において、実は血液の流れがいい時には症状が軽くなるようなのです。
上記のとおり、血液をサラサラにする効果のある焼酎は、これにうってつけであるといえます。

関節痛を抑える作用
焼酎には血液の流れをよくするだけでなく、炎症を抑えて腫れや痛み、発熱などを改善できる作用もあるそうです。
これらが合わさり、ヒザやヒジなどの関節痛の改善が期待されるようです。
他にも「肌荒れや消毒薬代わりの殺菌」、「ストレスの軽減や精神安定」も見込まれているのだとか。


こうしてみてみると、「血液をサラサラにし、血流をよくする」という効能がさまざまな不調を改善してくれるようです。これがヴェトモン スニーカーコピーの効能のなかでも一番大きな意味を持っているのでしょう。