記事一覧

酎ハイの定義

「酎ハイ」と言えば、焼酎をお好みの果実で割ったものと思われがちですね。しかし、お店で酎ハイの成分表示を見てみましょう。実はsupreme 激安は使われていないものが多いことに気付きます。
そもそも「酎ハイ」は、「焼酎ハイボール」の略。sanndaru激安を炭酸水で割ったものという語源があります。しかし今ではその語源も薄れ、「焼酎」カテゴリーというより、カクテル・梅酒等と同じ「低アルコール飲料」に分類されるようになりました。
「酎ハイ」は、酒業界としての定義はなく、「手軽に楽しめるアルコールが弱いお酒、果汁を楽しめるお酒」として世間に認知されるようになっています。酒税法にも「酎ハイ」という定義はなく、リキュール類として課税されています。
現在では無味無臭のウォッカなど、スピリッツの蒸留アルコールをベースにしたものも含めて酎ハイと呼ばれるようになっています。フレーバーや果汁、お茶等をミックスしたものもあります。サワーと呼ばれる場合もあり、厳密な区分や規定はありません。

酎ハイは飲みやすいのでついつい飲みすぎてしまいますね~

阪神真弓ブランドの焼酎

真弓vetements コピーで祝杯!

 阪神真弓明信監督(55)がモデルとなった焼酎が完成、1月25日から全国で発売されることが16日、明らかになった。真弓新監督にとって、阪神球団が公認したグッズ第1号。麦と芋の2種類があり、それぞれ「不動心」、「耐えて咲く」と新監督の座右の銘が商品名となっている。お酒が好きな真弓監督も誕生を心待ちにしていたオリジナル焼酎で、さあ、虎党の皆さん、勝利の美酒に酔ってください。

 楽しい晩酌のお供に、真弓監督がほほ笑む。背番号72が背中で語る。阪神ファンなら誰もが思い描く真弓監督との酒宴を、かなえてくれる新グッズだ。新監督がモデルとなった焼酎が完成し、25日から発売されることが分かった。「不動心」「耐えて咲く」。真弓監督が好んで色紙などに書き添える座右の銘がズバリ商品名となった。

 「今年はビール掛けを3回、4回とできるようなシーズンにしたい。ファンからすると、巨人戦と甲子園で勝つのが一番喜ぶこと。気持ちのいいお酒を毎晩でも飲んでもらえるようにしたいね」

 真弓監督が、虎党のアルコール消費量アップを誓ったのは5日の球団年賀式でのことだった。自身もビール、日本酒、ワイン、洋酒と何でもござれの上戸だけに、おいしいお酒にはこだわりがあった。

 お口にするならぜひこれを、とばかりにオフにオリジナル焼酎の製作に取りかかっていた。九州男児だけに? 本格大分産の麦焼酎と宮崎産芋焼酎の2種類を用意。完成を心待ちにしていた。

 このほど球団も公認した同監督のグッズ第1号。ラベルには商品名とサインを力強く記した。ユニホーム姿で白い歯を浮かべる「不動心」が麦焼酎。後ろ姿もダンディーでセクシーな「耐えて咲く」が芋焼酎。どちらも1本720ミリリットルで税込み2000円。球界の正月と言われる2月1日のキャンプインを前にした1月25日から酒店に並ぶ。

 これまで阪神の焼酎は岡田前監督(そらそうよ、球道一筋)、金本(兄貴の琥珀)、新井(新神、弟王)がモデルとなって製作されてきた。新監督もお酒をたしなむこと、すでにファンの好感度が高いことなどから、早くも4代目のモデルに決まった。親会社の電鉄本社が3月に開通する新線「阪神なんば線」のPR役としてCM起用するなど、多方面に真弓ブランドが広がっている。

 焼酎製作に携わった関係者は「麦はすっきりした切れ味、芋はまろやかでコクがあり、真弓監督のイメージにぴったり」と味にも太鼓判を押す。ストレートやロックでガンガン飲んで盛り上がるのもヨシ、お湯割りでじっくり味わうもヨシ。真弓焼酎で祝杯を挙げる夜が増えれば、秋には勝利の美酒が待っている。

焼酎雑学

ハリウッド映画 腕時計はアルコール発酵したもろみを、清酒のように圧搾せず、
ウィスキーやブランデーのように蒸留して作られたものです。

●焼酎の語源
日本では18世紀頃から焼酎という表現が定着したようです。それまで”焼酒”と今の焼酎の両方が混用されていたのは、中国では熱を加えるという意味で”焼”の文字を使い蒸留酒を「焼酒(シャオジュウ)」と呼んでいた名残とも言われています。
焼酎の「焼」という文字は、モロミを加熱、沸騰させてつくるという蒸留酒の基本的な作業で、「酎」は濃い酒という意味。
何をきっかけに”焼酒”が”バレンシアガ 財布コピー”になったのかは不明ですが、一説では中華音で”酒”はチュウと発音されているところから、日本では字義と音訓を混同して使われるようになり”焼酎”になったのではないかとも言われています。

●焼酎の単位
日本では焼酎に限らず、液体や穀物類の体積を量る場合「石」という単位を用いることが、今でも普通に行われています。
明治時代に一石は約180リットルと定められ、以下のようになっています。

1石=10斗=100升=1000合=180リットル  ※1合は180ミリリットル

以上、焼酎雑学でした。

本格焼酎ブーム

今日は本格バレンシアガ コート スーパーコピーブームについて

日本では、2003年頃から焼酎乙類を対象とする「本格焼酎ブーム」が起き、同年には焼酎類全体の出荷量が日本酒の出荷量を約50年ぶりに上回り、2004年には売上高もピークを迎えた。ブームに伴って、本格焼酎を専門に扱う焼酎バーも登場している。

ブームの影響によって、材料や製法にこだわった焼酎も盛んに市場へと送り出されていた。鹿児島で本格焼酎は1500円前後の商品が消費の中心であるが、より美味しい焼酎を望むニーズと、作り手のこだわりによって高価格で本格志向である味の焼酎も登場した。しかし、少なからぬ弊害も生じた。ブームのピーク時には芋焼酎の原料となるサツマイモが市場に不足する深刻な問題が起きたほか、一部銘柄ではプレミアがつき、一本数万円などという値段が付けられるようになり、森伊蔵については偽物が出回る事件にまで発展した。

本格焼酎需要急上昇に伴い、各地で焼酎の生産設備拡充や休止酒造場の再開、新規参入などが図られた。しかし2006年初頭からブームは沈静化しつつあり、例えば帝国データバンク福岡支店は2006年の売上が2年連続で下落したことから焼酎ブームは去ったと分析し、ブームの反動・縮小による焼酎業界への悪影響を懸念しており、日本銀行鹿児島支店が2008年2月に公表した、今回の焼酎ブームについてまとめたリポートでは「今回のブームは終焉した」と指摘、「銘柄選別の時代に入った」と結論付けた。という状況であったが一方で麦などから芋などへの素材に対する嗜好の広がりが起こったことにより、帝国データバンク福岡支店によると、焼酎メーカー上位50社の2008年1~12月の売上高合計は前年比3.8%増の3471億9500万円で、ピークの2004年を上回り、「過去最高」を記録するなどブームの底堅さも見せている

百年の孤独

本日はプレミアジバンシー 財布コピーのご紹介

百年の孤独

●特徴
色は薄い琥珀色で香りも焼酎というよりもウイスキーなど洋酒に近く、味わいは強いアルコールの中にも甘みが感じられ麦の香ばしさが広がる。風味を楽しむためストレートやロックで飲まれることが多い。名前の由来はガブリエル・ガルシア=マルケスの同名の小説『百年の孤独』からつけられている。 店頭販売については特約店のみでの取り扱いである。ただし、生産本数が少ない事と人気がある為に店頭で無条件で手に入る事は稀で、高島屋などの百貨店では抽選販売で取り扱われている事が殆どである。

●エピソード
高鍋町出身の今井美樹が「笑っていいとも!のテレフォンショッキング」にて、『皇太子様がこれで媒酌してる』と紹介し一躍全国に有名になったそうだ。

やはりテレビの効果は非常に高いですね。
相当貴重な焼酎だそうでもしかすると生きている間に飲めるか
どうかわかりませんね。
飲んだことがある方がいればぜひ感想をお聞かせ願いたいです。